司法試験予備試験合格に必要な勉強時間はどのくらいなの?

司法試験予備試験合格に必要な勉強時間はどのくらいなの?

司法試験予備試験合格に必要な勉強時間はどのくらいなの?

時計

 

 

弁護士になるための最短ルートが司法試験予備試験に合格して司法試験に挑むルートですが、ではその予備試験に合格するために要する勉強時間はどのくらいなのでしょうか。

 

有数の難関試験であるということは皆さんご存知ですし当サイトでも言及していますが、その試験に合格するための時間も気になりますよね。お話したいと思います。

 

初心者の独学で必要な勉強時間とは

勉強時間の調整

 

予めお断りしておきますが、今挙げる数字は一般的に言われている数字であってすべての合格者に当てはまるものではありません。参考時間と認識してください。

 

司法試験予備試験合格に必要な勉強時間、初心者(法律の勉強をしたことがない方)の独学で3,000〜8,000時間程度と言われています。ずいぶん幅があるなと思われるでしょうが、それだけ個人差があるということなのでしょう。

 

この時間、長いと思われるでしょうか、思ったほどではないと思われるでしょうか…実感してもらうために1日で必要な勉強時間で換算してみましょう。1日平均で3時間勉強できるとしますと、1,000日〜2,667日必要です。こうやって見ると、かなり長い道のりであるということがお分かりだと思います。

 

初心者が独学で勉強するとなると、短くても1年半以上、長くなると7年以上の歳月が必要になるということですね。こうなってくると、完全に「最短じゃないじゃん」ということになりますよね。これだったら、合格可能性が下がっても費用が掛かっても、社会人では通うこともできない法科大学院の方が早く弁護士になれるんじゃ?ということになってしまいますよね。

 

 

勉強時間の時短は可能


勉強時間の時短は可能

 

「初心者で独学」という条件を付けた勉強時間でしたが、この条件を外す、あるいは変えると数字も変わってきます。例えば、初心者ではなく一定の法律知識があると話は変わります。わかりやすく、行政書士や司法書士といった試験の合格者であれば、この時間はもっと短くなっているはずです。

 

また、初心者であっても、「独学」という条件を外せば必要勉強時間は変わります。予備校を利用すれば、大幅に時短は可能でしょう。予備校各社によってカリキュラムは異なります。まんべんなくスキなく勉強するカリキュラムを実施している予備校もあれば、インプットはほどほどにして大事な問題演習に時間を割くという合格のための効率性を高めたカリキュラムを実施しているところもあります。

 

一説によれば、初心者だったら4割〜5割の時短が可能と言われている予備校もあります。初心者であればあるほど、予備校利用のメリットは大きいと言えるでしょう。

 

社会人にとって勉強時間の時短は合格を後押しする

社会人になって弁護士を目指そうと言っても、さすがに1日8時間も10時間も毎日続けて勉強するのは無理です。辞めなけれ場実現できないでしょう。そんな社会人だったら、時短は願ってもないことですし、弁護士への門戸も広がるというもの。

 

勉強時間がなくて弁護士をあきらめかけていたという社会人にとって、予備校利用は司法試験予備試験の合格を後押しするものと言って過言ではないでしょう。

 

まとめ

このように、司法試験予備試験合格について、真っ向勝負したらこういう言い方はアレですが「玉砕必至」。独学で合格狙うとなると全然最短ではないですが、予備校ですとガラッと話は変わります。

 

だから、あれこれ頭を使わなければなりません。できるものは利用していかなければ。弁護士になるにはそれだけの困難さを極めるのです。できる範囲でラクした方が良いですよね?


トップへ戻る