弁護士は高卒でもなれる? 学歴や年齢と弁護士資格の関係

最短で弁護士になるには-予備試験ルートから司法試験合格を目指す

弁護士は高卒でもなれる? 学歴や年齢と弁護士資格の関係

弁護士になるために年齢は関係ない

 

弁護士資格を取りたくて、これから司法試験合格を目指して予備試験の受験勉強を始める、あるいは法科大学院入学に向けて準備する・・なんてことを考えたその時、人によってはこんな考えが頭によぎるかもしれません。

 

「あっ!オレって高卒だった…弁護士になるのかな…」
「司法試験合格目指したいけど、私学歴ないからな…ムリかな…」

 

つまり、自分は大学出ていないから弁護士になんてなれないんじゃないか?という懸念。

 

せっかくですからはっきりさせておきましょう。弁護士になるために学歴等の制限があるのか、試験の受験資格を中心に、そして法律上弁護士にはなれない場合についても解説しておきます。

 

高卒でも弁護士になれる!

弁護士バッヂ

 

結論から言いますと、高卒でも弁護士になれます

 

高卒で弁護士になりたい方、安心してください。今、あなたの夢がかなえられるチャンスです。高卒でも中卒でも、弁護士は目指せます。

 

高卒は予備試験ルートへ

ただし、条件があります。大学卒業及び卒業見込の者以外は、予備試験ルートだけです。法科大学院ルートは大卒大卒見込の者だけ。

 

なぜかと言えば、予備試験の受験資格要件に関係があります。予備試験の受験資格要件は…ありません。予備試験って誰でも受験できます。年齢、国籍、学歴…一切不問です(「司法試験予備試験とは」参照ください)。

 

他方、法科大学院は大卒(見込者含む)が受験要件になっています。つまり、高卒や中卒の方は受験ができず、このルートから弁護士にはなれないということになります。

 

「司法試験現役合格」って聞いたことありませんか?あれは大学生が在学中に司法試験合格するという意味ですが、現行制度においては予備試験ルートでしか成し得ないことになります。

 

学歴 予備試験 法科大学院
大卒(見込者含)
高卒・中卒 ×

 

 

司法試験の受験資格は?

高卒で予備試験に合格した後には、司法試験が待ち受けています。司法試験は高卒でも受験できるのでしょうか。

 

これについても高卒でも問題ありません。司法試験、受験できます!司法試験の受験資格は2点。それは

 

  • 予備試験に合格した者
  • 法科大学院の課程を修了した者

 

このいずれかです。

 

高卒の方であれば、18歳で高校卒業して数か月後の予備試験を受験し一発合格してしまえば、その翌年の司法試験受験が可能です。この時19歳か20歳。そして、そこにも合格して司法修習を経れば21歳か22歳で弁護士になれます。試験に全部一発で合格すれば、これが高卒の場合の最短・最速ルートになります。

 

高卒弁護士でも活躍できる?

エリート弁護士

 

当たり前ですが、弁護士など実力の世界で、それは学歴など関係ありません。弁護士としての力量の世界です。数は少ないですが、世の中には高卒の弁護士だって活躍しています。

 

司法修習後の就職ですが、場合によっては高卒という学歴がネックになって大きな法律事務所に採ってもらえない可能性もあります。しかし、弁護士となった以上、それが目標ではないはずで、どこかで経験積んでそれから自分で事務所を構えればいい。実力が認められて大法律事務所に引き抜かれる可能性だってありますしね。

 

要は自分次第ということです。

 

ちなみに弁護士ではありませんが、現在も某司法試験予備校で教鞭を執っている有名講師の中には、高卒で社会人から旧司法試験合格されている方もいますよ。お若い頃は仕事しながら勉強したのですねー素晴らしい。

 

 

弁護士になれない場合とは

弁護士になれない事由

 

無事司法試験に合格して司法修習が終われば弁護士に…実は弁護士には欠格事由というものがあって、法律上弁護士資格が得られない事由が法律(弁護士法)で決められているのです。法律によって、特定の職業に就けないということはよくありますが、弁護士もあるのですね。

 

いくつかありますが、まずは「禁固刑以上の刑に処せられた者」。犯罪歴すべてが欠格事由というわけではなく、それなりに重い罪で処せられたものに限ります。ですから、執行猶予が付けば問題ありません。

 

また、「成年被後見人又は被保佐人」も欠格事由です。もう一つ挙げておきたいのが、「破産者であって復権を得ない者」。自己破産すると生活上でいくつかの制限が課せられますが、その制限が解除されたことを復権と言います。復権には手続きを取らないと駄目なものもありますので、それをせずに放っておいたものは弁護士にはなれません。

 

まとめ

ご覧のように、弁護士になる過程において、ほとんどの段階で年齢・学歴関係系なく弁護士になれます。法科大学院ルートだと学歴制限に引っかかりますが、予備試験ルートで目指せば学歴も年齢も制限なく弁護士を目指せます

 

司法試験に合格しても、一部弁護士資格を得られない場合がありますが、ほとんどの方は問題なく、心おきなく弁護士を目指してください!

 

関連記事

 

弁護士になるには費用はどのくらい必要なの?安く上げる方法とは?
司法試験予備試験とはどういう試験か-日程や試験の内容など


最短で弁護士になるためのおすすめ予備試験講座

資格スクエア司法試験・予備試験

トップへ戻る