弁護士は独学でもなれるのか

独学で勉強

 

弁護士は独学でもなれるのか…

 

これから弁護士を目指そうという方にとっては大きな興味だと思います。独学とはまさに自分でテキスト等を用意して誰にも教わることなく勉強していくということですが、それで弁護士になれるとしたら誰もがそうしたいはずです。

 

独学勉強の可否、解説したいと思います。

 

予備試験は独学で合格できるか

弁護士になるには、予備試験合格か、法科大学院課程修了のいずれかのルートで司法試験受験資格を得て、合格して司法修習に進むことが必要です。

 

法科大学院は法律を教わるので、このルートでの独学は性質上不可能です。ならば、独学で予備試験合格できるか否かが論点になります。早速結論ですが、理屈上では独学で予備試験合格は可能ですが、事実上不可能に近いでしょう。

 

独学で予備試験合格はほぼ不可能

不可能

 

なぜ不可能に近いのか。それは単純明快、「予備試験は独学で合格できるような試験ではない」からです。もちろん、人並外れて能力が高い人であれば可能かもしれません。所謂「天才」ですね。さもなくば、独学で予備試験に合格するというのはちょっと難しいと思います。

 

予備試験が実施される前の旧制度は、文系国家試験で最難関と言われていました。予備試験はその旧制度とほぼ同じスタイルで行われており、難易度も近いものがあります。つまり、予備試験は文系国家試験最難関レベルの試験なのです。

 

 

具体的にどこが難しいの?

論文

 

予備試験はなぜそこまで難しいのでしょうか。

 

初心者の方は意外に思われるかもしれませんが、知識についてはそこまで細かいところは問われません。科目によっては司法書士試験の方が細かいところを問われます。

 

予備試験は「広く」ではなく「深く」問われるのです。具体的に言うと、予備試験2次試験の論文式試験です。論文式試験とは、問題文に対して論文形式で解答する試験です。予備試験の天王山という割れている試験で、中には論文式試験が本当の意味での予備試験という方もいます。

 

この論文ですが、合格答案が書けるようになるまではかなりの数のアウトプットをこなす必要がありますし、それ相応の時間が掛かるのです。予備試験受験生は、この論文対策に勉強時間の7割程度を費やすのではないかと思います。

 

独学では、きっと何をしていけばいいのか見当もつかないと思いますし、見当がついたとしてもモノになるまでは気が遠くなるような時間が掛かります。

 

短答式試験は単純なマークシートですので知識をインプットして演習をこなせば独学でも合格できる人はいるでしょう。しかし、論文式についてはプロに教わる必要があるのです。

 

まとめ

論文というものは知識云々だけの話ではなく、何を書くべきなのか、どうかくべきなのかなど、論文の書き方を0から積み重ねなくては合格できません。

 

予備試験に論文式試験が存在する以上、独学という選択肢はありえないと考えます。


トップへ戻る