司法書士の役割

債務整理というと、一般的には弁護士を思い浮かべる方が殆どでしょうが、実は、借金返済の問題を解決するために、司法書士が活躍できる場面は結構あります。

司法書士というのは、一般的には不動産や会社などの登記に関する書類手続きが専門になってきますが、ここ数年では債務整理の場面でも役割はあるんですね。

それは、認定司法書士と言って、司法書士資格を有する者が、また新たな特別の資格を取得してなる特殊な司法書士ですが、認定司法書士は、債務整理の代理人になることもできます。

ただし、認定司法書士が解決できる借金返済問題には、限界があります。まず、訴訟代理人にはなることができませんので、裁判が必要になった場合は、債務者の代理人には新たに弁押しが付く必要があります。

結果的は問題は解決できるのでしょうが、確実に二度手間になりますよね。

また、債務整理自体にも、債務額の制限があります。140万円を超える債務性には、代理人になることができません。ですから、比較的債務額が高額な事案、個人再生や自己破産などは認定司法書士はダ代理人として債務者の力になることはできません。裏方・サポート役に終始するしかないのです。

ただ、少額の、140万円に満たない任意整理などの債務整理には代理人として借金問題の解決にあたることができます。

また、司法書士の本来の仕事で、裁判所や検察官に提出する書類の作成業務があります。ですから、債務整理の裁判所に申し立てたり、その場合に色々な書類を揃えたりするために、司法書士の活躍の場はあります。

これが先ほど書いた、裏方・サポート役ということになります。
また、認定司法書士は、地裁などの訴訟代理人はできませんが、簡易裁判所では可能です。

債務整理についてはいろいろ制限のある認定司法書士ですが、弁護士に比べて費用も安く済ませるとこができる傾向があるため、場合によっては弁護士に依頼するよりも費用面で経済的なこともあります。

その辺は、賢く使い分けるのが良いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です