債務整理のメリット

多重債務によって借金の返済が立ち行かなくなった時、救済できるのは債務整理です。

債務整理は、手続きや交渉、法律知識など、素人が自分でするにはハードルが高いです。
そこで、代理人として、専門家である弁護士、あるいは認定司法書士を雇うことになります。

債務整理のメリットとして、それで多重債務の苦しみから解放されるという、
本来の目的のメリットが見いだされるわけですが、
短期的にみても、弁護士または司法書士に代理人として雇い入れるというメリットは、とても大きいと言えるでしょう。

第一に、それまで大きな悩みの種だった取り立てが止みます。

返さないから取り立てがあるのはやむを得ないということは理解しているのですが、
あれはどうしたって辛いものがあります。 本当に気が滅入る。

さらに、代理人だから当然なのですが、消費者金融などの債権者は、
代理人である弁護士や任的司法書士を通してしか、
債務者とコンタクトを取れません。

つまり、直接債権者と話す必要がなくなります。
これも大きなメリットですよね。

弁護士や認定司法書士が債務整理代理人を受任すると、
ただちに各債権者に、 代理人になった旨の書類が送られますので、
ここからそういったコンタクトはなくなるんですね。

「悩み」は早く取り除いた方が

債務整理ってのは、敷居が高いというイメージがあるようです。
料金が発生しますしね、

なんとか自分で借金を返済していくんだともがくわけですが、
うまくいく試しはありません。

むしろ、状況を悪くしてしまいます。
こういうことは傷が浅ければ浅いほど、治癒も早いものです。

ヘンにもがくことは止めて、
できるだけ早い段階で法律事務所の門をたたくことをお勧めしたいですね。

さらに、債務整理に強い法律時事務所は、弁護士のみならず、
相談員も、いわば、債務整理のプロです。

数多くの相談者(依頼者)と向き合ってきています。
借金問題の相談にも乗ってくれ、適切なアドバイスをくれるはずです。

多重債務者にとって最も効率的な解決方法は債務整理

あらゆる面から考えても、
債務整理は、多重債務者が取り得る救済方法としては、最も合理的で安心、
債務者自身も楽な解決方法なのだと思います。

経験豊富な債務整理のプロが、あらゆる手段を行使して事を解決していきますので、
変に意固地にならず、素直に債務整理で解決すべきなのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です