過払い金返還請求してみますか?

債務整理とは厳密には異なりますが、
借金整理には変わりがない方法もあります。

利息制限法を越えた無効利息で借り入れて、その借金返済をしていた場合、
債権者には本来は返済する必要のないお金を支払っていたことになります。

この支払う必要のないお金は、文字通り支払う必要のないお金ですので、
「返してほしい」と主張すれば、債権者は返還する義務があります。

このお金が過払い金返還請求です。

子の過払い金返還請求とは、不当利得の返還請求と呼ばれるもので、
民法703条に規定されている制度です。

債権者が得た利息制限法以上の利息は、本来利する理由がないお金ですので、「不当利得」で、
それを返してくれというものです。

以前は、債権者側もごねたり相手にしなかったりしていたそうですが、
法改正やら環境が変わり、今では弁護士に頼まなくとも変換してくれる場合もあるようです。

もっとも、、色々調査が大変なので依頼した方が賢いと思いますけど。

心当たりがある方はすぐに弁護士等に相談すると良いですが、
自分でやりたいよ、という方はまずは、取引履歴を債権者から取り寄せる必要があります。

取引履歴がないと正確な支払額とかがわかりませんからね。
今は、各債権者のホームページ上を探せば方法が記載されていると思います。

電話で聞いてもいいかもしれません。
これも、今は取引履歴の開示を請求されたら応じなければなりませんから安心してください。

取り寄せられたら、利息計算をして。
本当に大変だと思いますが、計算してください。

そして、その内容を内容証明郵便で債権者に送付すれば、返還はしてくれます。

ただし、計算が間違っていたりとか、債権者にも異論があれば反論はしてくるはずです。
いずれにしても何らかのアクションは起こしてくるでしょう。

そうなれば、どうしても返してもらいたいとなれば、弁護士に依頼してもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です